ロンドンのリバティ百貨店行ってきました。

ロンドンのリバティ百貨店行ってきました。

お正月明けに8日間ロンドンへ行ってきました。
航空券とホテルをネットで予約しての一人旅です。関空からロンドンは直行便は出ていないのでヨーロッパ経由です。

行く前にもっと準備や予習をしておけばよかったけれど、今回も行ってからのでたとこ勝負的な旅でしたが、リバティ百貨店も3回行ってきました。

街歩き用今回のリバティかばんです。コーデュロイで肌触りもよい。

この四角く生地幅で縫っただけのリバティ風呂敷ですが、結構荷物をまとめたり、飛行機移動で上着やらひとまとめにするのに役立ちました。ひとりなので、あちこちにくくっておくとひったくり防止です。


一日中おれますがちょうどポンドはまだ円安です。
悲しいことに、日本で買うのと値段としては変わらないのです。
なので、爆買いはできませんでした。そんなに予算はありませんが・・・・

でも、1月は、セール中ですので、
結構お安いセールのもので、買ってしまいました。

場所は、地下鉄オックスフォード駅すぐです。
ゆっくりした一日の予定があれば、ちょっと歩ける方でしたら、手芸店巡りもあわせてできます。
便利な立地です。

  • VATの変換
    付加価値税というか消費税というのが、20パーセント程度含まれた金額です。ひとつのお店で50ポンド以上買うと、戻すことができます。ただし、証明書をとっておかなければいけません。リバティ百貨店の中の3階のカウンターで、必ず手続きをしておきましょう。
    20パーセントから、手数料が引かれますので、10パーセント少し程度は戻ります。
    ただしこれは、帰りの空港で、手間取りますので、あきらめて帰る人も多いはずです。一回の買い物を50ポンド以上にして、おくといいです。返還は、現金かカードか選べますが、現金でも円は指定できませんので、クレジットカードにしておいた方がいいです。パスポート番号や、帰りの日程など、項目を求められます。
  • リバティカード
    3回目の来店で生地売り場の方が、「無料でつくれるよ」と片言で言ってくれてすすめてくれました。1回目で言ってくれたらいいのにと思ったけれど、日本人なので、何回も来るとは思わなかったんでしょうね。
    2回目の時に手持ちのJCBカードが日本でのメンテナンス時間だったのか使えずに現金支払いをしたのですが、その時に出てきた年配の方がでてきはって、3回目に買いに行ったときにカードの事を言ってくれたんです。うれしい~~。
    もし、行かれる方は、「リバティカードを作りたい」と先に申し込んだら記念になります。英語でよくわかりませんが、15パーセントの割引が使えそうです。条件は不明です。
  • JCBカウンター
    3階のところに、VAT申請のやら、外国人向けのバスツアー マイバスの窓口もあります。JCBカウンターは行くだけで、ミネラルウオーターかビスケットをいただけます。先に、ここに足をはこぶと、JCBカードで10パーセント割引のチラシをいただけます。セール品にはききません。あとお店の予約とか、旅案内など、対応無料です。そのJCBのカードが使えない時も、電話でかわりにかけて窓口とつないでくれました。

行くたびにミネラルウオーターいただきました。
JCBカードで10パーセント引き(セールは除く)割引券
無料でいただけるリバティカード。レジで声かけてください。

まず、リバティ百貨店にいけば、3階のJCBカウンターに行ってからお店周りをするとお得ですよ。

リバティ百貨店の行き方や概略はこちら
http://london.navi.com/shop/76/

ロンドン街歩き写真つなげた動画

また行きたい。
ちなみに日本で、英国のリバティを買うと1m4800円みたいです。(外税)
向こうでは、22.5ポンドでした。
1ポンドうまいこと両替すると、180円位ですからやっぱり向こうで買うと若干安いのかな?
もうちょっと買えばよかったかも。
でもざっと計算してもリバティ百貨店で7万円は使ったんです。
VAT返還はそんなになかったしなぁ~。
これが、ケチったのか?
次回に行くときは、効率よく買いたいです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

LibertyPrintShopカテゴリの最新記事