おでかけTOP コンサート 旅行 遊園地 携帯写真

おでかけ2004鳥羽

今回の旅行のコンセプト
・観光地は特に行かない
・近所で目にとまったものを楽しむ
・温泉三昧
・旅館を楽しむ
新撰組の本を買ってたなぁ。露天風呂客室。部屋は広くて洗面台も2台でひろびろさんまの干物が干していた、なにげなくね。旅館からでたところ、すぐに出られて海のにおい
湾というのか浦というのか?タンポポがさいていました。ようやく桜がさきはじめたみたい。小さな舟がいっぱいで・・
鴨がいっぱいの川です。でも寄っていくと逃げてうまく撮れない部屋食でふなもりがでてきた。2日目も豪華〜〜〜つぎつぎでてくるたいしゃぶです。
たべきれないといいながら全部たべました。味付けてんぷら9階ラウンジで朝食バイキングデザートもお変わり

鳥羽といえば、はじめての家族旅行とか小学6年の時に行った修学旅行。昔の鳥羽水族館はなかなか味があった。結構だんなと結婚したころは近鉄沿線にいたのもあるのかよくいったなぁ。子どもができてからは新しい鳥羽の超水族館とかスペイン村と遊び場もできてきた。でも、鳥羽は鳥羽。伊勢は伊勢であって、レガシーな町の印象です。そういうのは案外嫌いではない。なんか、何かのきっかっけで行きやすいので気がつけば、また鳥羽です。

 今回は結婚20周年。結婚10年目の時はあんまり覚えていない。多分、ばりばりと?はたらして忙しいのでどこにも行かずCMでやってた「スイートテンダイアモンド」ならぬ、プラチナ指輪をかってもらった気がする。記念日にかこつけて旅行がしたかっただけかもしれない。2泊3日で近場で張りこんでいきましょうときました。露天風呂付客室で24時間温泉に入れるところで、チェックアウト時間の遅いホテルで、検索した結果がここ。まぁ、昔からのホテルが時代の波と戦いながら、ホテルを大きくしながらがんばっている感じだ。部屋は二つあって、勉強コーナー?もあるしひろいし、お風呂は多いし(すでに湯疲れ状態)だんなは朝はやく起きて写真をとりに行きたいようですが、私はぐ〜〜たら〜〜〜〜と温泉ホテルで缶詰状態にさせていただきたい。食っちゃ寝、温泉付、ふやけるまで、温泉はいってやる!!

2日目
 朝風呂に行くつもりが、フロントからの朝食時間の最終案内コールがかかり起こされる。8時半過ぎに朝食会場へ、和風バイキングだった。しっかり食べたら、また眠たくなり、部屋に帰って寝たら、12時を過ぎていた。私は首が痛くなるほど、寝ていた。とりあえず、二人で大浴場と露天風呂をはしごしえてたら、もう二時だ。そとはとってもいい天気だし、あるいてお散歩に行く。で、海をみてたら、車で周辺ドライブに行く。海岸線は案外リアス式海岸で湾ばかりで、なかなか水平線までゆっくり見るところはないもんだった。志摩磯辺駅あたりまでいくと、パルケエスパーニャが見えてきた。遊園地を見るとちょっと行きたくなるが、いまいち二人とも体力のおちているところなので、カメラスポットを探すのみにする。桜が少しと川にいっぱい鴨が泳いでいたので、撮ってみようとがんばったが、鴨は足音がすると向こう岸に逃げてアップではとれなかった、残念。
 だんながTシャツをわすれたというので100円均一の店があったので買えたが、いらないものも買ってしまう。そういうもんだ。
 晩ご飯はまたお部屋でゆっくり。アゲ膳スエ膳はありがたい。普段そんなにがんばって主婦していないので非常に恐縮だが、ほんとうれしい。いっぺんにでなくていいから、1週間くらい、晩ご飯に一品ずつ家に届けてくれたらもっとありがたい。
 だんなは昼間、結構仕事の電話をかけていた。私がパソコンをもってくるの我慢したのに(ジョルナダのみ)だんなが仕事用にノートパソコンをもってきていた。無理してきてくれたのかもしれない。明日はチェックアウトしたら、あんまり寄り道せずに帰ってあげよう。

3日目 朝から雨
 チェックアウト11時ぎりぎりまで家族や近所や飲み会友達へのお土産を買う。旅館の裏で海をみていたら、本格的な雨がふり、まっすぐに帰ることになる。奈良まではすいすいだが、大阪に入ったとたん大渋滞であった。もう、GWかと思うくらい。年度末の五十日のせいかな。現実にもどってくるがいいやすみだったということで。